what`s new!

2015-04-16 

  「賃上げ」2年連続7割超
 静岡経済研究所が15日発表した県内中堅・中小企業の賃上げ方針調査(速報)によると、2015年度に賃上げを行う企業は75.6%(前年比0.4%ポイント減)と昨年に続き、7割超えの高水準になった。前年より高い昇給を行う企業は過去10年で最高の15.6%に上った。
 同研究所の担当者は「(賃上げが進む)大手に追随する動きのほか、人手不足への懸念から昇給で人材を確保しようとする動きも広がっている」と指摘している。
                         (静岡新聞4月16日朝刊の記事より)

 

2015-02-27
     管理職の言葉のセクハラ「懲戒処分妥当」 最高裁判決
女性派遣社員に対し、約1年間もセクハラ発言を繰り返した管理職男性2人を、事前に注意や警告をせずに出勤停止とした懲戒処分が妥当だったか争われた訴訟の上告審で、最高裁第一小法廷は、会社内でセクハラ行為は禁止されており、処分は重すぎないとして、処分を無効とした2審・大阪高裁判決を破棄した。また、会社がセクハラ行為を認識し、警告する機会もなかっとして、発覚後、ただちに処分したことは妥当だったとした。

2015-2-24

  正社員不足続く 帝国データバンク調査

帝国データバンク調査によると、回答企業約1万社のうち、正社員が不足していると答えた企業の割合は37.8%で 2013年12月の前回調査より1%増加した。業種別で「情報サービスが」59.3%で最も多かった。また株式市場の回復により金融が前回の29位から8位に急上昇したほか、慢性的に人手不足が続いている建設業は2位だった。非正規社員が不足していると答えた企業は24.1%で前回と、ほぼ横ばいだった。